2009年05月11日

何度でも聞きたくなる、上手いアルプホルンここにあります。

音楽って、その迫真の出来をお客は期待している。
近くのコロッケ屋の美味しい肉コロッケを 、何度でも食べたくて、皆が並ぶように。
 
ねえ、ここに上手いアルプホルン演奏あります。
あなた、アルプホルンて、ただ ポワーンとのどかな響きと思っていませんか?
 
それは、ぜんぜん違います。
 
ここに迫真の出来の、音楽的に充実した、アルプホルンがあります。
何度でも聞きたくなるから。
 
エーデルワイスムジカンテン一同
*勿論ヨーデル・クーグロッケン・アルプスのポルカなども、迫真の出来のものを用意しております。
posted by sakura at 23:18 | 日記

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ

2009年05月08日

ヨーデルスイスの場合ととヨーデルドイツの場合

なかなか パソコンに向かえない。メールだけチェックするのがせいぜい。
やっと更新。
 
ヨーデルスイスの場合とドイツの場合は、同じドイツ語圏でも、日本と中国ほどその文化が違う。
 
ドイツでは南ドイツのビアホールの文化につれ、発展してきた。ビアホールで、またオクトーバーフェストで盛り上がるため。目が回るほど早くのりのいいヨーデル。一緒に体を揺らす3拍子のシュンケル。
歌謡曲の分野にも進出している。
ヨーデルを職業にしている歌手は結構沢山いる。
 
スイスではヨーデルはアマチュアリズム、ヨーデルコーラスなどアンサンブルも盛んで、職業にしていないヨーデル歌手が沢山いる。
それをヨーデル連盟なるものが、統括している。3年に1度大きなヨーデルフェスト(ヨーデル実力判定会)を行い、レベルの向上に努めている。そこでは1級から4級の判定を貰う。
運転免許のように、1度ヨーデルフェストに参加したら、特別な事情がない限り、ほとんどの人が、毎回受ける。個人だったら10回目なんてざら。コーラスになると30回目とかざら。
(ほとんどの人が1・2級に収まる)
いずれにしても、自分たちのハイマット(故郷)を歌う。美しい自然への感謝を歌う。
 
 こんな感じ。
 
私の印象としては、ドイツヨーデルはエンターティナーとして、お客様を楽しませる、参加させる、ヨーデル。
スイスヨーデルは自分が楽しい、自分たちが仲間で歌うことが楽しい、というヨーデル。
音の感じは、それぞれどちらも素敵。
 
私は、日本人として、似て非なるものをやるのではなく、本物を尋ねて しかしそのままではなく、
自分の音で、表現したいと思っている。

 
 


 

posted by sakura at 10:51 | 日記

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ