2009年02月05日

スイスヨーデルの発声法

今スイスに居る、ということで、今日はスイスヨーデルの発声法について書いてみたいと思う。あえて、スイスヨーデルと限定したのはオーストリアや、ドイツでは発声方法が違うからだ。こちらのほうは後日書きます。

スイスヨーデルの発声法

1スイスでのヨーデルの現状

スイスヨーデルは「スイスの伝統芸能」で多くの大衆に浸透している、各町や村には沢山のヨーデルグループがある、日本でいうアマチュア合唱 アマチュアアンサンブルのようなイメージだ。とにかく、その合唱団の数たるや物凄い、中央スイスだけで220は越える。
その他2重唱や、ソロ、3重唱 ファミリーで歌っている人もいる。子供たちにも盛んで、沢山のヨーデルコーラスがある。
その全てをスイスヨーデル連盟なる、ボランティアの民間の組織が統括している。

ヨーデルコーラスとは日本でイメージするのとはきっと大分違う、全員がヨーデルを歌うわけではなく、中の多くて3,4人までがヨーデルを歌い、後はハーモニーをつける役に回る。
ハーモニーをつける役でも、「ヨーデルをやっている」ということになるから、近所のガソリンスタンドのおじさんも、農業のおじさんも ミルク屋さんもみんなヨーデルをやっているということになる。おじさんたちの喜びはハーモニーをつけるということ。
「おお!はもった!」という純粋な喜びである。

この辺にスイスヨーデル人口の多さ、の秘密をがあると思う。

決してヨーデルする人が、ソリストとして特別扱いなどされていないところが、スイス的、去年のゴイエンゼーでのコンサートでは
さっきソロで歌った彼女が、コンサート終了5分後には肉を焼いていた。(この話がちんぷんかんぷんな方は、どうぞこちらhttp://www.h6.dion.ne.jp/~edlweiss/sakura/2008swissrepo/repo3.htmlをお読みください。)
                     

ではその1グループ3・4人までのヨーデルを歌う人は、どのように生まれてくるのか?

@もともと、声が良く、自然にヨーデルが出来た→A合唱団のヨーデラーに選出された→Bヨーデルの個人レッスンに通って技を磨く。

@〜Bの順番は変わることはあるかも知れないが、多くのヨーデラーが、ヨーデルの個人レッスンをコーラスとは別に自費で習っている。

2重唱しかり、ソロしかりである。

スイスでは今はヨーデルすることは、ピアノや、声楽を習うのと、
同じような感じなのである。
習えるのは時間的に余裕がある者、ということで、比較的女性が多い。マリーテレーズ先生のお弟子さんのほとんどが、家庭の主婦である。(男性は仕事があり、なかなか、レッスンには来られない。)

お金をかけて、レッスンして、その発表の場が、「ヨーデルフェスト」である。連邦の大きなものは3年に一度、その前に地区予選があり、みんなそれに向けて、日々精進しているといっても過言でない。
ヨーデルフェストでは1級から4級までの判定を貰う、1級が1番よく、2級はまあ良い、3級はもうちょっと4級は良くない、
全体の半分以上が1・2級に収まり、1級も出場者の3分の1がとる。音程と、リズム ハーモニー 言葉 などが評価の対象になる。

判定の基準は日本人の私などにとっては、「スイスドイツ語」という大きな壁があるので、厳しいといえるが、「音程」「ハーモニー」「リズム」などはつまり音が取れているか?ということ。

日本のアマチュアの合唱団のおじさんたちも、ヨーデルこそ出来れば、きっと最高得点をとれるに違いない。


2スイスヨーデルの発声法

やっと本題です。

マリーテレーズのほかのお弟子さんのレッスンも全て見学、コーラスも全てついていく、といった中から、得たものです。
他の人のレッスンはとても参考になる、その人が出来ていなければ、そのメカニズム、がわかり、出来ているようでも、「ああ
喉で押しちゃって、喉開いてないよ、」とか、「その発声じゃあ、明日は声出ないだろうなあ」とか。「おお!彼女は喉も開いていて、支えも、お腹だけでなく、下半身すべて使えてるわ!」
とか。

声楽の発声とは少し違うけれど、喉が開いてないとお話にならない、
いくら支えていても、無理に押す胸声は、怒鳴っているのと同じ。この辺が、一番のカギのように思う。

無理に押す胸声は喉にダメージを与え、次第に、しわがれた声になってしまうから、恐ろしい。
きちんとした発声の胸声は明るく、よく響く。

(スイスにも、出来ていないヨーデラーも沢山いる。)

ということで、

ここまで書いて時間がなくなりました。
続きは明日に!
楽しみに覗いてくださいね♪

*何か質問などありましたら、こちらsakurakikaku@k6.dion.ne.jp
まで!お待ちしています

*北川桜 http://www.h6.dion.ne.jp/~edlweiss/sakura/→ヨーデル北川桜のオフィシャルサイト 良かったら覗いてくださいね♪

posted by sakura at 20:07 | スイス民族音楽・民俗芸能

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ