2009年02月06日

スイスヨーデルの発声法2

昨日の続き♪。
なんだかブログが出来たのが嬉しくて、どんどん書いてしまう。
いくらお腹で支えていても、喉が閉まっていては、怒鳴っているのとおなじ、声(胸声)の魅力が次第になくなってくる。という所まで、昨日は書いた。
そもそもヨーデルの発声とは、地声(胸声)と頭声を素早く切り替えて、歌う歌唱法である。
誰でも地声で高い音にしていくと自然に声がひっくり返る、そこを目立たせる、時間をかけないですぐにひっくり返す。ということで出来る。
          ↓
 音程が狂いやすいから、きちんと音程がぶれないように、稽古する。
          ↓
 3度・6度・1オクターブなどよく出てくるものを先に稽古しておき、曲に応用する。
ああ、文字で書くのは何と難しい!今頃気がついた。
この、どうやってひっくり返すか、知りたい人は、どうぞ、習いに来て下さい。
え?それじゃあ、ただの宣伝だって?(笑)
何処で教室をやっているか知りたい方は、sakurakikaku@k6.dion.ne.jp   まで お問い合わせください。
発声の感じは、声楽と大きくは違わないが、イメージは汽笛である。ビブラートを華やかに掛けて歌うのではなく、しかしまったく掛けないわけではない。全くビブラートがないと、声がつっぱた印象になる。
自然にかかるビブラートは良いとされる。
 喉を開けて、響きは集めて、といった所だろうか。
 声のベクトルは、声楽と同じで、前に持ってきたほうが良いと私は思っている。(飛ぶ声にするということ)
結構、近鳴りの、ヨーデル歌手や、また、一見良い声でも喉が閉まっているヨーデル歌、も
実は沢山見てきた。声のベクトルも前になく、声は飛んで来ない。
広いホールの2階席では耳を澄まして、やっと聞こえる感じだった。
しかし、彼女たちが、ヨーデルフェストで決して悪い成績でもないようだ。1級もとっているように思う。
音程、リズムなど、他の事が出来ていたのだろう。
 歌詞の部分を裏声でオペレッタのように歌う歌手も人気があったり、
いや地声で歌うのがいいという人がいたり、
イタリアのベルカント唱法のように、、確立されたものがなく、少し混沌とした印象を受ける。
このあたりは現在進行形の民族音楽だから、そのうち、変わるのかもしれない。
 しかし上手いヨーデル歌手もいて、喉は開いているし、声もあつまっている、地声と頭声の切り替えも良い、
音程も良く、と揃っている。何よりも明るい、綺麗な地声を出す。
勿論、1級だ。
この様に歌いたいものだ。
*この記事への質問・感想などは、sakurakikaku@k6.dion.ne.jp  までお寄せ下さい。
          
posted by sakura at 08:00 | スイス民族音楽・民俗芸能

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ