2009年03月18日

スイスヨーデルのレッスン

なかなか毎日忙しい。
長い文章を気合いを入れて書く暇がないので、今日も小ネタです。
 
「スイスでのヨーデルのレッスンで気づいたこと。」
 
*90パーセントの人がジーパンやカジュアルな格好で来る。
中には犬を連れてくる人も!犬の散歩の途中といった感じのジャージーで♪
 
*個人レッスンは、ほとんどが主婦。全員趣味でやっているアマチュア。
 ヨーデルコーラスはほとんどが職業を持っている男性。。(仕事を持っていない人は定年、年金暮らしの人)
ファーマー・銀行員・タクシーの運転手・バスの運転手・郵便屋さん・ミルクやさん・警察官などなど。女性ももちろんいます。大抵は主婦。若い人も結構多い!
 
*個人レッスンは、決して安いレッスン料ではない筈なのに、その場で音をとる人続出。
音は家で取ってくる のが常識の日本の、音大のクラシックとはかなり違う。
 
*その 音の取り方が、コード感の中で取るのではなく、そのひとつ前の音からの、音程差でのみとる、というやり方だから、絶対音感のキチンとある人ならいざ知らず、T・X・W・X7 をこえた、コード進行だと「難しい〜」という感じになり、やたら時間がかかる。
 
*風邪をひいて、平気でレッスンに来る。
「自己管理も仕事のうち、そんなんじゃプロになれません。」とは 誰も言わない。 
彼らは趣味でやっているから構わないのよね。でも、合唱団なんか「みんなで歌う」という状況で、一人が咳・鼻水だったら。。。うーん。。。
 
 *日本だったら、高校時代に少し良い声だったら 音大に行く?のような流れがある。声楽家 オペラ系に進んだり。スイスでは少し良い声だったらヨーデルでもやる?となるのかしら?
と思えるほど、持ち声の豊かな人が多い。
心の中で「オペラでも行けるんじゃん?」と思ってしまう。
 
スイスの伝統芸能は沢山の人が参加して、盛ん。
 
沢山の人は譜面があまり良く読めない。
 
音が違ったり、リズムが違ったりしちゃいがち

レッスンに来る回数ものんびり、1か月に1回来ればよいほう。
 
人生の楽しみのためにやっている。
 
1年に1度のヨーデルフェストが発表の場。
 
 
ええと。
 
日本のアマチュアコーラスやアンサンブルはは決してレベルが低くないんだな。
 

でも仕上がった音はとても素敵。
 
うん スイスのヨーデルは、沢山のアマチュアによって行われてる、生活に根ざしたもの。仲間と歌える喜び、生きざまが伝わってきて素敵。
 
 
 
 


 

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ