2009年03月20日

ドイツヨーデル

スイスヨーデルばかり書いてきたので今日はドイツのヨーデルについて書こうと思う。


ドイツの南バイエルンのあたりにも、ヨーデルがある。
ヨーデルは、スイス・オーストリアチロル地方・南ドイツと、またがって その文化がある。
ドイツのヨーデルはその昔は、ゆっくりとした、山で歌う感じのシンプルなもの、だったが、ビアホールなど、ビールのシーンで歌われて行くうちに、どんどん速くなり、盛り上げに一役買ってきた。
穀物の豊かな南ドイツはビールの都と呼ばれるほど、沢山のビアホールがあるのが背景だ。
 
「フランツルラング」などの速くヨーデルを歌うのが得意な人気歌手なども出て、レコードの売り上げを伸ばした。日本で言うなら、演歌の分野(歌謡曲)の一つとして、の存在だ。
ヨーデルの歌のみを歌うのではなく、彼らはヨーデルの付いていない ドイツ演歌(フォルクストュームリッヒ)全般を歌う。
「アンゲラ・ヴィーデル」「マリアヘルビック」「ウッシーバウワー」など。CDも市中に出回っている。
 
彼らの多くはビアホールや、オクトーバーフェスト、普通のパーティなどで、呼ばれて行っては沢山の「乾杯」の歌やドイツの古い民謡などとともに、「南ドイツのビールのシーンの盛り上がりかた」のスタイルの中でヨーデルを歌う。カウベルも演奏する。あの、左右に体を揺らすシュンケル。みんなで繋がって練り歩くポロネーゼ。                          彼らは、エンターテイナーであり、勿論プロの歌手である。
 
私は、以前「ホフブロイハウス 東京店」という南ドイツの400年の歴史のあるビアホール「ホフブロイハウス」東京支店の、レギュラー歌手を、12年半務めた。入って間もなくの時、初めて、「ドイツ人による本物のドイツヨーデル」を聴いた。お客様と一体になる感じ、盛り上げの楽しさ それはまさに、「お客様がこんなに喜ぶ、魔法の歌」だった。
 

クリスティーナ・エブリンという若い女性の歌手だったと思うが、ヨーデルも、笑顔も 盛り上げも最高だった。早いヨーデルはサーカスのように、もう目が回るほど早かったし、ポロネーゼの仕切りも行き届いていて、流石。その一つ一つから、「今日ここにきた お客様は 全員満足させなきゃ」というのが伝わって来た。
 

私は、おもわず、ヨーデルを習いに行こう!と思い立ち、ドイツに行ったのだ。
 
つづく。
 
 
 
 
 
 

posted by sakura at 15:31 | ドイツ民族音楽・民俗芸能

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ