2009年04月11日

ヨーデル北川桜門下の発表会

昨日、うちの生徒達の発表会が、新高円寺SKホールで行われた。
「ヨーデル OZISANZ2」というネーミングで6人のおじさんが歌った。       みんな60才前後。
 
・あべひろあきさん・阿部重幸さん・鬼久保洋治さん・浅岡美雄さん・高田誠さん・島崎常勝さん。
みんなこの日のために、頑張ってレッスンを重ねてきた。
その熱心さにはいつも心打たれる。
 
ヨーデルを教え出して3年目、ずいぶんみんな上達したと思う。兎に角、ヨーデルになっている。
スイスヨーデルのコーラスも披露した。
客席は暖かいお客様で埋まった。ちょうど良い広さのホール。
 
打ち上げでは、
「スイスにヨーデルフェスト受けに行きたいね!」
「きっと1級とれるよ!」と士気が上がった。
 
そう、スイスには「ヨーデルフェスト」という、アマチュアのコンクール(実力判定会のお祭り)がある。
スイス中のアマチュアのヨーデラーたちが受ける。そして参加する人口の半分以上が、ヨーデルコーラスである。(他にはソロ・2重唱・3重唱などある)
パン屋さん・警察官・農業の人・牧畜業の人・主婦・タクシーの運転手・・・
 
自分の土地の言葉で歌うのが決まり。
1級から4級の判定を受ける。これは絶対評価。
良ければ多くの人が1級に。その年あまり良くなければ多くの人が2級に、といった具合。
実に半分以上の人が1級と2級に収まる。4級なんて殆んどいない。
 
受けられる資格があれば、本当に、小編成のコーラスで受けようか。
外人は受けられない・アマチュアでないと受けられない、という決まりがある.ozisan達はアマチュアだが、日本人なので、今は資格がないことになる。
私が去年、日本人だし、プロなのに受けられたのは、特別なことだったのだ。
 
ozisannzu2これからが楽しみである。
私の日本の師匠下山田一郎先生もいらして下さり、
「なかなか楽しそうで良いじゃない。AJK(昔あったヨーデル愛好者のグループ)の始まりのころのようだ」
と言ってくれた。
 
 スイスヨーデルコーラス やってみたい方いらしたら、ご連絡お待ちしています。
「おじさん」でなくても、大歓迎です。女性も今回は発表会には出なかったけれど、居ります♪
 
ご意見・ご感想・質問などお待ちしています。sakurakikaku@k6.dion.ne.jp
 
 
 
 
 
 
 
 
 

posted by sakura at 16:06 | 日記

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ