2009年04月16日

スイスの、早いアクロバットのようなヨーデルの人気グループ「エーシュ家3世代」

さて、スイスヨーデルはアマチュアのもの、ヨーデルフェルバント(スイスヨーデル連盟)の話ばかり書いてきたが、では、スイスではヨーデルのプロはいないのか?という素朴な疑問にお答えしようと思う。
 
マリーテレーズ・フォン・グンテン先生について歩いていると、ヨーデルに関する集会や、レッスン ・ヨーデルコーラスの稽古、コンサートなどで毎日が埋まる。
まるでスイスの人は全員、ヨーデルを歌うのか??と錯覚に陥る。
 マリーテレーズ先生の守備範囲はスイスの「トラディッショナルヨーデル」だ。
 
しかし、スイスに嫁いだ友人や、出会った日本人、また新聞記者などは「私がヨーデルをやってるんだ」
というと一様にびっくりしてこう言う。
「え!?ヨーデル 普段ほとんど聞かないわ!」
「どこにそのような人たちがいるのかしら??」
「知り合いにはやっている人はいないわ!」
「え?コンサート?教会などでやっているのかしら??」
とこんな具合。
 
私:「3年に1度の連邦ヨーデルフェストは新聞・TVなどで放映されるから、知ってます・?」
でも反応は、
「ああ、そういえばそんなのがあるって言っていたわね」
「行ったことはないけれど」
こんな具合。
 
「ヨーデル そうね今スイスで流行っている人気のグループがあるわ」
「早いヨーデルを歌うのよ!アクロバット的で楽しいのよ!」
「ヨーデル連盟の人にはわからないけれど、一般の人にはとても人気があるわ」
「よくテレビに出ているわよ」
 
名前を聞いた[ エーシュ家3世代 ]ヴォーカルは [メラニーエーシュ] という女性。
 
CDショップに急いで行った。あったあった 。
「今 大人気のクックーヨーデル!!」のタイトル、民族音楽のコーナーだ。
目立つ棚の上にあった。
勿論この人たちは職業としている。

9003549756750.jpg


おおーっ!!楽しい!!
この曲のドライブ感、わくわくする感じ、家族の息がぴったりの演奏。
何とさわやか。
メラニーエーシュは黒髪の若い女性だった。
 
へえ。日本で言うならヨーデルって演歌の分野  メラニーエーシュは氷川きよしのような感じかしら。
 そしてヨーデル連盟のトラディッショナルは、古い民謡のような感じかしら。
 
 スイスにはトラディッショナルのヨーデル連盟のほかに、こんなものもある。
そして国民的には、大人気。
そうヨーデル連盟に入っていないヨーデル歌手も沢山いるのだ。
プロは入れないし、やりたい音楽が「トラディッショナル」でなければ入らないヨーデル歌手も沢山いる。
 
なるほどね。
 
壁に貼ってあった、演奏会のチラシを見て、マリーテレーズが言う
「このフランツィという歌手はとても上手よ。もともとクラシックの人だった。2・3年ヨーデル連盟に入っていたけど今はやめたの。ヨーデルといろいろな音楽を組み合わせたりして、表現しているのよ。」
 
へえ。面白い。
 
スイスヨーデル連盟のみがスイスヨーデルではないんだ。と実感した。

 
え?!私? 早いヨーデルは得意中の得意です♪♪
「クックーヨーデル」 カヴァーしてやってみようっと!
 

*この「クックーヨーデル」はオーストリアの有名な「カッコウヨーデル」とは別の曲です。
 
 
 

posted by sakura at 12:39 | スイス民族音楽・民俗芸能

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気ブログランキングへ